« システム取引のメリットについて紹介する ジャパンテクノロジーシステムズ外国為替 | トップページ | ジャパンテクノロジーシステムズがFXの資産運用について語ります ジャパンテクノロジーシステムズ実績 »

2013年1月 8日 (火)

ジャパンテクノロジーシステムズがFX用語について解説をします ジャパンテクノロジーシステムズ外国為替

システム 株式会社ジャパン テクノロジーシステムズの製品は、TajClub内のテクノロジーシステムズ
ジャパンテクノロジーシステムズがFX用語について解説をします


こんにちは、ジャパンテクノロジーシステムズです。

以下のFX用語について紹介します。

[FX用語:スワップ]

2通貨間の金利差のことです。

外国為替取引で通貨の売買を行うと、1日経過するごとに買った通貨の金利を1日分受取り、売った通貨の金利を1日分支払うこととなります。

この金利の受払い差額分のことをスワップと云います。

[FX用語:スプレッド]

通貨間の買値と売値の差のことです。

「米ドル/日本円:売値100.15,買値100.20」という表示の場合、買うときは100円20銭、売るときは100円15銭ということになります。

この5銭がスプレッドです。

[FX用語:スリッページ]

指定した値段と実際に成立した値段との差のことです。

相場の急激な変化により、このスリッページが大きくなる場合があります。

[FX用語:ストップロス]

為替相場が不利な方向へ進んだ際に、ある指値でポジションを清算して損失を確定させることです。

以上、ジャパンテクノロジーシステムズでした。

次回もお楽しみにしてください。

[関連記事]
システム取引のメリットについて紹介する ジャパンテクノロジーシステムズ資産

[関連タグ]
ジャパンテクノロジーシステムズ資産管理 ジャパンテクノロジーシステムズ ジャパン ジャパンテクノロジーシステムズFX ジャパンテクノロジーシステムズ テクノロジー ジャパンテクノロジーシステムズ システム ジャパンテクノロジーシステムズ海外投資 ジャパンテクノロジーシステムズ投資 ジャパンテクノロジーシステムズ資産 ジャパンテクノロジーシステムズ実績 ジャパンテクノロジーシステムズ外国為替

[旬のワード]
ボーイング787 カンパニー制 リチャードジノリ 県民手帳 所得税 山口もえ 王羲之 ポリグラフ 鏡開き アベノミクス

[人気ワード]
甲状腺乳頭がん 10+2+月 チェ・ジンシル 佐久間象山 英語の語彙力レベル測定テスト ミッソーニ サマーナッツ 山本五十六 もばたま チェ・ジニョン

[PR]
誹謗中傷対策/SEO対策/WEBコンサルティング IMソリューション

« システム取引のメリットについて紹介する ジャパンテクノロジーシステムズ外国為替 | トップページ | ジャパンテクノロジーシステムズがFXの資産運用について語ります ジャパンテクノロジーシステムズ実績 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1784573/48649942

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンテクノロジーシステムズがFX用語について解説をします ジャパンテクノロジーシステムズ外国為替 :

« システム取引のメリットについて紹介する ジャパンテクノロジーシステムズ外国為替 | トップページ | ジャパンテクノロジーシステムズがFXの資産運用について語ります ジャパンテクノロジーシステムズ実績 »

TajClub テクノロジーシステムズ ジャパンテクノロジーシステムズ

無料ブログはココログ